ウクライナ侵攻:一般のベラルーシ人もロシアから被害を受けている

2022年6月15日

2022年3月8日、ウクライナ・キエフのベラルーシ・カンパニー基地で軍事訓練を受けるベラルーシ人ボランティア。ベラルーシとロシアの同盟にもかかわらず、数百人のベラルーシ人移民と市民がウクライナ軍を助けるためにウクライナに到着している。 (AP Photo/Efrem Lukatsky)

2022年3月8日、ウクライナ・キエフのベラルーシ・カンパニー基地で軍事訓練を受けるベラルーシ人ボランティア。ベラルーシとロシアの同盟にもかかわらず、数百人のベラルーシ人移民と市民がウクライナ軍を助けるためにウクライナに到着している。 (AP Photo/Efrem Lukatsky)

著者情報:David Roger Marples氏, アルバータ大学 ロシア・東欧史 特別教授

ロシアがウクライナへの侵攻を開始したとき、ロシア軍とベラルーシ軍が「アライド・リゾルブ」という演習を行っていた北部からの侵攻の可能性がありました。

ベラルーシの基地から発射されたミサイルは、ウクライナの都市チェルニヒフに甚大な被害をもたらしました。

しかし、現在までにベラルーシ軍がウクライナに越境したことはなく、ベラルーシからの亡命者がウクライナ人とともに戦っています

この紛争におけるベラルーシの役割は何なのでしょう。

さらに巻き込まれる可能性はあるのでしょうか。

西側諸国は、ウクライナへの攻撃でロシアとともにベラルーシを制裁しています。

これは正当化されるのだろうか?


ルカシェンコの強固な権力支配

ベラルーシは1994年以来、アレクサンドル・ルカシェンコ大統領によって統治されています。

1999年、ルカシェンコはロシアのエリツィンとともにロシア・ベラルーシ連合を批准しました。

理論的には対等な関係でした。

ルカシェンコは、ベラルーシ憲法の改正、ロシア語の普及、メディアコントロール、選挙操作などを通じて、民主主義を弱体化させました

1999年から2000年にかけて、ルカシェンコの主要な反対派が何人も誘拐され、殺害されました

2001年以降の大統領選挙はすべて、デモ参加者への残忍な攻撃で幕を閉じました。

1996年、ベラルーシのミンスクで行われた抗議集会で、デモ隊が警察官に石を投げつける。(AP写真)

1996年、ベラルーシのミンスクで行われた抗議集会で、デモ隊が警察官に石を投げつける。(AP写真)

ルカシェンコは長年、ロシアからの安価な石油輸入の恩恵を受けていました

その石油は精製され、ヨーロッパに輸出されていました。

しかし、ロシアはやがて石油価格の引き上げを要求し始めました。

2011年には、ベラルーシを通る主要パイプラインも購入しました

しかし、2020年、状況は一変します。

新型コロナ感染症の大流行でベラルーシは壊滅的な打撃を受けましたが、ルカシェンコは無視することにしました。

ルカシェンコは、「精神病」だと言って、住民に「田舎に行ってウォッカを飲むか、サウナに行くように」とアドバイスしました。

これに対して、大都市を中心に草の根の自助努力組織のネットワークが発達しました

ルカシェンコに対するベラルーシの反対運動

2020年8月、ルカシェンコは6期目の大統領選に出馬し、初めて自国のエリートから反対派に直面しました。

治安部隊は過去の慣例に従い、2人の候補者、ヴィクタル・ババルィカとセルゲイ・チハノフスキーを逮捕し、3人目のヴァレルィ・ツァパロは国外に逃亡しました。

しかし、彼らの陣営はチハノフスキーの妻であるスヴャトラーナ・ツィハノウスカヤを支持することで一致しました。

2020年7月、ベラルーシのミンスクで行われた支持者との会合で反応するベラルーシ大統領選挙候補のスヴャトラーナ・ツィハノウスカヤ氏。(AP Photo/Sergei Grits)

2020年7月、ベラルーシのミンスクで行われた支持者との会合で反応するベラルーシ大統領選挙候補のスヴャトラーナ・ツィハノウスカヤ氏。(AP Photo/Sergei Grits)

彼女のキャンペーンはベラルーシに火をつけ、数千人の支持者を集めました。

2020年8月、選挙管理委員会の責任者がルカシェンコが80%以上の得票率で勝利したと発表すると、何千人もの抗議者が通りに押し寄せ、怒りと不満をあらわにしました。

その後、女性、高齢者、学生、労働者など社会のあらゆる部門を巻き込んで、数カ月にわたる抗議活動が行われました。

これに対し、政権は残忍な弾圧を行いました。

数千人が国外に脱出し、数万人が逮捕され、拷問を受け、刑務所や流刑地に収容されました

2020年、ベラルーシのミンスクで行われた抗議デモで、スヴャトラーナ・ツィハノウスカヤの肖像が描かれた旗を掲げる人々。労働者も工場を訪問したルカシェンコに罵声を浴びせ、嫉妬し、ベラルーシ全土でストライキが拡大した。(AP Photo/Dmitri Lovetsky)

2020年、ベラルーシのミンスクで行われた抗議デモで、スヴャトラーナ・ツィハノウスカヤの肖像が描かれた旗を掲げる人々。労働者も工場を訪問したルカシェンコに罵声を浴びせ、嫉妬し、ベラルーシ全土でストライキが拡大した。(AP Photo/Dmitri Lovetsky)

抗議はソーシャルメディア、特にテレグラムチャンネルNextaによって維持されました。

2021年4月、当局はこのチャンネルの主要な運営者の一人であるラマン・プラタセヴィチを逮捕するために、アテネからヴィリニュスへのライアンエアーの民間便を迂回させました。

欧州からの制裁に直面したルカシェンコは、イラクやシリアなどからの難民に短期ビザでのベラルーシ入国を促し、独自の移民危機も作り出しました

ビザが切れると、彼らはポーランド国境まで連れて行かれ、捨てられます。

ポーランド側は鉄条網を張り、彼らの越境を防ぎました。

ルカシェンコの救世主としてのプーチン

ルカシェンコは2020年に政権から転落しそうになりました。

彼は、残忍ですが忠実な治安部隊に助けられ、生き延びることができました。

しかし、彼の真の救世主はプーチンでした。

二人の関係はしばしば対立しましたが、その権威主義と冷酷さには共通点があります。

ロシア・ベラルーシ連合は、ついに実現しました。

しかし、それは厳しい条件を伴ってのことです。

ベラルーシは、意思決定、メディア、外交政策において独立性を失いつつあります

ルカシェンコは獰猛な工作員でしたが、モスクワに出向き、融資やデモ隊への対処を懇願する隷属的な存在に成り下がりました。

2022年3月11日、モスクワで行われた会談でポーズをとるロシアのプーチン大統領(右)とルカシェンコ氏。(Mikhail Klimentyev, Sputnik, Kremlin Pool Photo via AP)

2022年3月11日、モスクワで行われた会談でポーズをとるロシアのプーチン大統領(右)とルカシェンコ氏。(Mikhail Klimentyev, Sputnik, Kremlin Pool Photo via AP)

2022年2月、ルカシェンコはベラルーシの新憲法をめぐる国民投票を実施しました。

ロシアの憲法を参考に、議会の権限を縮小し、人民議会という新たな組織を創設しました。

ロシアとベラルーシは4年ごとにザパド作戦(西方作戦)という名の軍事演習を実施してきました。

しかし、2022年2月、ロシアの要請で即席の演習を行いました

演習の指定地域は、ウクライナ国境に近い場所まで拡大されました。

2022年2月20日、表向きは演習の最終日、ロシア軍はその場に留まっていました。

その4日後にウクライナに入り、南方10キロにあるチェルノブイリ原発の跡地を占拠しました。

2022年2月、ベラルーシで行われたロシア・ベラルーシ軍事訓練で移動する戦車。(AP Photo/Alexander Zemlianichenko Jr)

2022年2月、ベラルーシで行われたロシア・ベラルーシ軍事訓練で移動する戦車。(AP Photo/Alexander Zemlianichenko Jr)

その支配体制は国民から疎外され、辛辣に軽蔑されていますが、武力とロシアの支援によって存続しています。

そのベラルーシが今、ロシアによる主権国家への侵攻の拠点として展開されています。

ベラルーシ人はこの戦争を望んでいませんが、彼らの国も占領下にあります。

彼らは、戦争がウクライナのような恐怖にエスカレートする前の最初の犠牲者とみなされるべきなのです。

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

The Conversation