ウクライナ戦争 – 和平交渉におけるトルコのユニークな役割

2022年6月15日

EPA-EFE/ウクライナ大統領府報道部配布資料

EPA-EFE/ウクライナ大統領府報道部配布資料

著者情報:Massimo D’Angelo氏, ラフバラー大学 外交・国際ガバナンス研究所 博士課程研究員

1ヵ月以上にわたる戦闘の後、ロシアとウクライナの新たな交渉がイスタンブールで始まり、進展が期待されています。

ベラルーシでの数週間にわたる実りのない交渉の後、トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領が交渉のホスト役を務め、冒頭の短い声明で両者に伝えました。

「世界は良い知らせを待っている、あなた方からの良い知らせを。」

ロシアの重要な同盟国であるベラルーシからトルコに会談の場を移したこと自体、事態の変化とロシアの軍事的立場が当初期待したほど強固でないことを示すものです。

一方、トルコでの会談開催を決定したことは、いくつかの理由から理にかなっています。

2月24日の侵攻以来、両者の会談が行われるのは初めてではありません。

トルコは3月10日にアンタルヤで、ロシアのラブロフ外相とその対極に位置するウクライナのドミトロ・クレバ外相との会談を主催しました

会談はウクライナ全土で暴力が悪化していることを背景に行われ、双方が見ている世界にメッセージを送る機会として以外は、ほとんど実りのないものとなりました。

ラブロフ氏は、米国とその同盟国がウクライナにロシアか西側かの選択を迫っていると述べました。

一方クレバ氏は、激しい砲撃を受けている(そして今も)マリウポリから民間人を避難させることを認めるようロシアに訴えました。

現在、会談はトルコに戻り、今度はイスタンブールで行われています。

NATOの加盟国であるトルコは、ロシアとは数年前からいろいろな経緯があります。

トルコは、戦略的なボスポラス海峡とダーダネルス海峡に対するロシアの干渉を常に恐れており、そのため1952年に西側同盟に加盟しました。

ロシアがクリミアを併合したことも、黒海地域におけるロシアの影響力を増大させ、アンカラ(トルコの首都)を悩ませました。

このことは、2月末にトルコがボスポラス海峡を軍艦で封鎖したことで証明されました。

ボスポラス海峡:トルコの安全保障に重要な役割を果たす。Google Maps

ボスポラス海峡:トルコの安全保障に重要な役割を果たす。Google Maps

ロシアのシリアへの関与は、両国の間に緊張をもたらしました。

2015年11月、トルコはシリアとの国境付近でロシアの軍用機を撃墜しました。

トルコは、同機が当時自国の領空におり、退去するよう警告を無視したと述べました。

ロシアは、同機はシリアの国境内にとどまり、警告を受けていなかったと主張しました。

数日間は、ロシアとNATO加盟国との間で初めてとなる対立が懸念されました。

両国は2016年、シリアにおけるクルド人民兵に対するワシントンの支援をめぐるトルコと米国の関係悪化を背景に、事態の修復に着手しました。

同年7月、トルコ軍の一部によるクーデター未遂事件が発生すると、プーチンはいち早くエルドアンに連帯を表明し、エルドアンはクーデター後にロシアを最初の訪問国としています。

また、エルドアンは自国航空機の撃墜についてロシアに謝罪し、死亡したロシア人パイロットの遺族に補償を提供しました。

2017年、トルコはロシアと25億米ドル(19億ポンド)の契約を結び、移動式地対空ミサイルシステム「S-400」を購入しました。

NATOにとって、ロシアのシステムがNATOの大規模な防衛体制に組み込まれることは、極めて憂慮すべきことでした。

当時のトランプ政権は、ロシアに対して正式に制裁を課しました。

関係はどん底に陥りました。

さらに事態を複雑にしたのは、2019年、エルドアンの義理の息子であるセルチュク・バイラクタルが所有するバイラクタル社が、戦闘用無人機バイラクタルTB2のウクライナへの販売を開始したことです。

これらは西側の同等品よりも安価ですが、ロシアの輸送隊に多大な苦痛を与え、軍事アナリストを驚かせました。

誠実な仲介者としての役割
このような経緯から、トルコは会談のホスト役としてユニークなポジションを獲得しています。

セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、南コーカサス、アフガニスタンの不安定な情勢に対してトルコがどのような貢献ができるかを念頭に置き、ある程度の和解を追求する準備ができているようです。

トルコの中心的な役割 2022年3月、ブリュッセルで開催されたNATO首脳会議で他の首脳と会談するトルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領。EPA-EFE/Stéphanie Lecocq

トルコの中心的な役割 2022年3月、ブリュッセルで開催されたNATO首脳会議で他の首脳と会談するトルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領。EPA-EFE/Stéphanie Lecocq

また、トルコはロシアと仲良くしておく必要があります。

最近、トルコがウクライナに、2017年に購入したロシアのS-400システムを供給する可能性が示唆されました。

しかし、これはロシアとの関係を救いがたいほど悪化させるものであり、トルコ経済がモスクワとの良好な関係から利益を得ていることを考えると、アンカラはそれを最も望まないでしょう。

現在、トルコの観光産業はロシア人観光客で占められており、全観光客の28%を占めています。

また、トルコは天然ガスの45%、石油の17%、ガソリンの40%をロシアに依存しています

ロシアと西側諸国との関係改善が求められる中、ウクライナの仲介役を務めることは、エルドアンの目的に適っています。

また、中東やコーカサスでの調停実績もあり、ロシアの侵攻直後にトルコ海峡を封鎖したことが示すように、黒海の大国としての自覚もあります。

これらは、エルドアンにとって大きな賭けです。

しかし、もしトルコがロシアのウクライナに対する暴力を止めるために重要な役割を果たすことができれば、この地域における第一級の大国としての地位が確保されることになります。

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

The Conversation