地下水:枯渇しつつある埋蔵量を世界中で保護する必要がある「世界水の日」

2022年6月15日

エジプトのオアシスで、地下水を汲み上げる井戸。Water Alternatives Photos, CC BY-SA

エジプトのオアシスで、地下水を汲み上げる井戸。Water Alternatives Photos, CC BY-SA

著者情報Richard Taylor氏, ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン 水文地質学教授, Mohammad Shamsudduha ('Shams’)氏, ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン ヒューマニタリアン科学准教授

水は私たちの日常生活、そして人生そのものに欠かせないものですが、2022年3月22日の「世界水の日」には、水がもたらすすべてのことを思い出すのではなく、水がない場合や汚染された場合に生じる結果について思い出すことが多いようです。

アメリカの博学者ベンジャミン・フランクリンは、「井戸が枯れるとき、我々は(水の)価値を知ることになる」と述べています。

地下水とは、私たちの足元にある岩の隙間から流れ出る水のことで、今年の「水の日」のテーマは「地下水」です。

地下水は、私たちの地球にとってかけがえのない淡水の貯蔵庫ですが、非常に軽視されています。

地下水は、川や湖、湿地に流れ出る水とは異なり、数年、数十年、あるいは数千年前に降った雨水が地下に流れ込んでいます。

地殻の上部2kmにある推定2300万km³の地下水の多くは、古代のものです。

しかし、より浅く、よりアクセスしやすい水でさえ、過去半世紀の間に雨によって補充された部分は、地球上の他の凍結していない水を大きく上回っているのです。

地下水は、全大陸の至る所に存在し、降雨量の少ない時期や降雨がない時期に水に依存する生態系を維持するだけでなく、特に非電化地域住民に安全な水を提供する上で重要な役割を果たしています。

世界の約40%に及ぶ乾燥地では、地下水が唯一の多年生の淡水源であることが多いです。

現在、世界の飲料水の半分と灌漑用水の4分の1は、井戸や泉から汲み上げた地下水を利用していると推定されています。

バングラデシュの沿岸で、汽水域の地表水に囲まれながら、新鮮な深層地下水を汲み上げる女性。Richard Taylor, Author provided

バングラデシュの沿岸で、汽水域の地表水に囲まれながら、新鮮な深層地下水を汲み上げる女性。Richard Taylor, Author provided

帯水層と呼ばれる地下の岩盤の中を流れる地下水は、一般に地表水よりも気候の変動や変化に対する回復力が強いとされています。

そのため、地球温暖化によってその頻度と深刻度が増している干ばつは、地下水への依存度を高めることが多いです。

最近、南アフリカケープタウンで、水道水の供給が停止される「デイ・ゼロ」を辛うじて回避することができたのは、このためです。

人類の進化そのものが、極度の干ばつ時に継続的に湧き水が出ることに依存していたとさえ言われています。

気候変動の影響により、雨の降る頻度が減り、雨量が増える世界に適応するため、世界は地下水として蓄えられている淡水への依存度を高めていくと予想されます。

最近の研究から、熱帯地方では降雨量の変化により地下水の補給が促進され、乾燥期に対応できる可能性があること、また、天水農業に対する気候変動の脅威に地下水による灌漑が対応できることが示唆されています。

ニジェール南東部における地下水で灌漑されたタマネギ作物。Boukari Issoufou, Author provided

ニジェール南東部における地下水で灌漑されたタマネギ作物。Boukari Issoufou, Author provided


乱開発と汚染

地下水には貴重な特性がありますが、乱開発や汚染と無縁ではありません。

例えば、カリフォルニア州のセントラルバレー、北中国平原、インド北西部、米国のハイプレインズなど、世界で最も生産性の高い食糧生産地域で地下水の汲み上げが続けられ、埋蔵量が急速に枯渇しています。

世界の主要な農業地帯で地下水が不足している。 UNESCO, CC BY-SA

世界の主要な農業地帯で地下水が不足している。 UNESCO, CC BY-SA

同様に、ダッカバングラデシュ)やナイロビ(ケニア)など、世界で最も急速に成長している都市の一部では、地下水が枯渇し、安全な水を安定的に供給することに苦労しています。

いずれの都市でも、地下水の枯渇は低所得世帯や農民に不釣り合いな影響を及ぼしており、彼らは通常、「底辺への競争」を繰り広げ、より深い井戸を掘ることが困難です。

沿岸地域の地下水も、集中的な揚水と海面上昇によって塩分が濃くなり、海水が地下帯水層に流れ込むようになっています。

この塩害は、特に世界の低地にある国々の地下水に影響を与え、何百万人もの人々が故郷を追われる可能性があります。

また、フッ素やヒ素などの汚染物質が母岩から自然に溶出することで、地下水の利用が損なわれています。

バングラデシュの井戸に溶出したヒ素は、史上最大の集団中毒と言われています。

農業における農薬や肥料の無差別使用、衛生インフラの不備、産業慣行の非効率な規制など、 人間の活動も地下水利用の持続可能性を脅かしています。

共通の資源

地下水は目に見えないため、長い間、意識されることがありませんでした。

多くの国では、地下水の供給状況の監視と評価に苦労しており、地表水の管理に割り当てられている資源のごく一部しか投入されていません。

また、水文地質学と呼ばれる地下水の科学に関する研修や教育への投資も不足しています。

漁業と同様、地下水もコモンズの一つです。

コモンズの悲劇とは、個々の利用者が自己の利益のために行動し、集団の利益に反して資源を枯渇させたり劣化させたりする状況のことで、常にこの脅威にさらされています。

しかし、ノーベル経済学賞を受賞したエリノア・オストロムは、協力が可能であることを示しました。

彼女は、地下水の共有利用を含むケーススタディから、利用者のコミュニティが個人のアクセスを規制し、共有資源を慎重かつ持続的に開発するための一連の条件を明らかにしました。

地下水を可視化し、世界中で公平かつ気候変動に強い水利用を実現するためには、このような協力的なアプローチが緊急に必要です。

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

The Conversation