ギャンブル依存症:夢中になると脳で何が起こるのか、そしてどうすればコントロールを取り戻せるのか。

2022年6月15日

ギャンブル依存症の人の脳は、特定の方法で活性化します。

ギャンブル依存症の人の脳は、特定の方法で活性化します。

著者情報:Barbara Jacquelyn Sahakian氏, ケンブリッジ大学 臨床神経心理学教授、Christelle Langley氏, ケンブリッジ大学 認知神経科学 博士研究員、Henrietta Bowden-Jones氏, ケンブリッジ大学 名誉上級客員研究員、Sam Chamberlain氏, サウサンプトン大学 精神医学教授

パンデミック時に多くの人がオンラインギャンブルに走りました。

そして、私たちの多くが深刻な悪影響を及ぼすことなくレクリエーションとしてギャンブルを楽しむことができる一方で、パンデミックによってギャンブル依存症が増加しました。

例えば、イギリスでは、助けを求める女性が過去最大に増加しました。

こうした依存症は、精神衛生、認知、人間関係などに問題を起こし、破産や犯罪につながる可能性もあります。

身体的に顕著な症状を示すアルコールや薬物中毒とは異なり、ギャンブル中毒はあまり目立たない兆候を生み出します。

Lancet Psychiatry誌に掲載された私たちの新しい論文は、ギャンブル依存症に関する研究をレビューし、その予防と治療の最善の方法について提言を行うものです。

ギャンブルは大きな問題です。

世界保健機関の最新の推計によると、2016年から、プレイヤーの世界の年間ギャンブル損失額は4000億米ドル(2950億円)に上ると推定されています。

2021年、英国のギャンブル委員会は、「ギャンブリング障害」の有病率は人口の0.4%と推定しています。

また、別の調査では、問題ギャンブリングの割合が最も高いのはアジア、次いでオーストラレーシア、北米で、ヨーロッパでは割合が低いことが分かっています。

研究者たちは、アイオワギャンブリング課題やCANTAB ケンブリッジギャンブリング課題といった、問題ギャンブリングを測定するためのゲームシミュレーション(彼らはこれを「タスク」と呼んでいます)を開発しました。

後者は、危険な意思決定や賭け事を評価するもので、参加者は、青と赤の箱の比率を時間と共に変化させながら、青と赤の箱のどちらに黄色のチップが隠されているかを推測するよう求められます。

そして、その判断に何ポイント賭けるかを決めます。

勝てばその点数が加算されますが、負ければその点数は失われます。

このとき、すべてのポイントを失う「破産」にならないように注意するように言われます。

この課題は、ギャンブル依存症になる「危険性」はあるが、まだなっていないギャンブラー、特に衝動的な兆候があるギャンブラーを発見することができるかもしれません。

このような課題を用いた研究により、健康な人の場合、賭け事は17歳から27歳までが最も多く、年齢が高くなるにつれて減少することが明らかになっています。

また、別の研究では、依存症の問題を抱えるギャンブラーは、時間の経過とともに賭け金を増やし、最後には破産してしまう傾向があることが示されています。

アルコールとニコチンの依存症も、賭け事の問題を大きくすることにつながっています。



ギャンブラーの脳

神経画像研究により、ギャンブルに関連する脳領域がいくつか存在することが明らかになっています。

研究により、危険な意思決定に関連する重要な領域には、内側前頭前皮質(意思決定、記憶、感情の調節に関与)、眼窩前頭前皮質(体が感情に反応するのを助ける)、島(自律神経系を調節する)があることが分かっています。

したがって、問題を抱えるギャンブラーは、これらの領域の活動が活発である可能性があります。

ギャンブル依存症の人は、賭けの結果を見るとき、尾状核を含む脳の報酬系で脳の活性化が増加することもわかっています。

これは、ギャンブル中毒の人に特に強いと思われます。

脳内のドーパミン経路。脳内で、ドーパミンは報酬と身体運動の調節に役割を担っています。ドーパミンは、報酬経路の一環として腹側被蓋野(VTA)でニューロンにより産生され、側坐核および前頭皮質で放出されて、快楽の感情をもたらします。

脳内のドーパミン経路。脳内で、ドーパミンは報酬と身体運動の調節に役割を担っています。ドーパミンは、報酬経路の一環として腹側被蓋野(VTA)でニューロンにより産生され、側坐核および前頭皮質で放出されて、快楽の感情をもたらします。©沖縄科学技術大学院大学

ドーパミンは、神経細胞の情報伝達を助けるいわゆる神経伝達物質ですが、脳の報酬系で重要な化学物質であることも知られています。

ある研究では、問題を抱えるギャンブラーの脳内でドーパミンが放出されると、健康な人と比べて有意に高いレベルの興奮を示すこともわかりました。

ドーパミンの放出は、興奮レベルの上昇、危険な判断の抑制の減少、またはその両方の組み合わせを通じて、問題ギャンブリングを強化するようです。

さらに、報酬の処理に関与する側坐核が、青年期および成人期の危険な行動に関与していることが示されています。

この領域にはドーパミンが豊富に含まれており、危険な行動におけるドーパミンのさらなる役割が示唆されています。

ギャンブル依存症への取り組み

現在、ギャンブル依存症は、米国精神医学会が発行する「精神障害の診断と統計マニュアル(DSM-5)」を用いて診断されています。

また、イギリスの「National Institute for Health and Care Excellence」によるギャンブリング障害の治療と管理に関するガイドラインが作成されており、2024年に発表される予定です。

現在の治療法としては、ある種の認知行動療法(思考パターンを変えるのに役立つ)や自助グループがあります。

選択的セロトニン再取り込み阻害薬SSRI)などの一部の薬物は、うつ病などのギャンブリング障害の症状の側面を軽減するのに有効である場合があります。

また、脳内のオピオイド受容体は報酬の処理を助けることがわかっており、長い間、依存症の原動力であることが疑われてきました。

私たちは、オピオイド受容体を遮断するナルトレキソンという薬が、ギャンブリング障害の一部の人に有効であることを示す証拠がいくつかあることを発見しました。

しかし、これが標準的な治療法になるには、さらに研究が必要です。

また、ギャンブルをコントロールするために自分でできることもあります。

NHS Live Wellのウェブサイトでは、問題を抱えるギャンブラーのために利用できるサービスの情報を提供しています。

ギャンブルをする前に請求書を支払う、ギャンブルをしない友人や家族と過ごす、借金を処理する、などのヒントを提供しています。

ギャンブラーは、ギャンブルをお金を稼ぐための手段と考えず、ギャンブルの習慣について悩みを抱え込まず、ギャンブルのためにクレジットカードを使わないようにすることも賢明でしょう。

すべての精神衛生上の問題と同様に、重要なのは、早期のサポートと治療を受けることです。

特に、家族と一緒に過ごす、散歩や運動を楽しむなど、通常の報酬を享受し、その報酬体系がギャンブルに乗っ取られないようにすることが重要です。

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

The Conversation