南極大陸の難破船「エンデュアランス号」を発見した南アフリカの船は、気候科学に不可欠な存在です

2022年6月15日

南極大陸の氷の中に浮かぶアガラスII号。© Raquel Flynn

南極大陸の氷の中に浮かぶアガラスII号。© Raquel Flynn

著者情報:Sarah Fawcett氏, ケープタウン大学 上級講師

南極大陸の難破船「エンデュアランス号」を発見した南アフリカの船は、気候科学に不可欠な存在です

イギリスの探検家アーネスト・シャクルトン卿がエンデュアランス号で南極横断探検に出発したのは1914年のことでした。

1915年、船は氷に閉ざされ、流氷に押しつぶされました。

船は南極のウェッデル海底に沈みました。(シャクルトンと乗組員は小型ボートで脱出し、難を逃れました)。

エンデュアランス号が発見されるとは到底思えませんでした。

氷に覆われたウェッデル海は人を寄せ付けず、難破船は水深3000メートル以上の深海に沈んでいました。

しかし、南アフリカの船「アガラスII号」のおかげで、2022年3月、エンデュアランス号は発見されました。

エンデュアランス号のフランク・ワースリー船長が沈没時に記録した座標に、極地砕氷船が到達したのは2度目でした。

1度目は2019年で、このときは船の位置はわかりませんでした。

エンデュアランス号の物語は魅力的です。

しかし、アガラスII号の物語もそうです。

この船のおかげで、南アフリカは南極科学の側面でリーダーになりつつあります。

例えば、冬の南極は暗く、人を寄せ付けない気象条件で、海氷が密集しているため、物理、化学、生物などの現地での測定は非常に珍しいのです。

しかし、2012年以降、アガラスII号は、ケープタウンと南極の海氷の間、約3,000kmを少なくとも5回の冬季航海を行いました。

これらの探査によって、変化する南極海を理解し、将来の気候を予測するために開発された数値モデルを検証するために不可欠なデータが得られています。

大学院生を中心とした私の研究グループは、アガラスII号での数々のクルーズでサンプルを収集し、ケープタウン大学の海洋生物地球化学研究室で測定した後、南極海の栄養と炭素循環に関する我々の理解を深めています。

また、アガラスII号は、海洋学、海洋生物学、大気科学など、さまざまな分野の何百人もの学生(そのほとんどが南アフリカ人)の訓練の場としても機能しており、現在もその役割を担っています。

また、「南アフリカ初の洋上授業」とも呼ばれる船舶を使った教育プログラム「SEAmester」を毎年サポートしています。

この政府出資の能力開発遠征では、南アフリカ国内から集まった約50名の大学院生が10日間船上で過ごします。

学生たちは、学際的で応用的、そして実践的な海洋科学を学ぶことができるのです。

シャクルトンが行った「南極大陸探検の英雄時代」は、ヨーロッパの植民地支配を誇示するものであり、白人のみが参加できる南極観測が何十年も続くきっかけとなりました。

そのため、世界で最も素晴らしい砕氷調査船の1つが、南極大陸とその周辺の生態系を搾取や併合から守る1961年の南極条約に唯一署名したアフリカ人によって今日所有・運営され、世界に通用する研究を行うアフリカ人研究者を養成するプラットフォームとなっているのは、まさにふさわしいと言えるでしょう。


充実した設備

アガラスII号は、南アフリカ共和国森林・漁業・環境省が所有し、アフリカン・マリン・ソリューションズが運航する極地船クラス5の船です。

フィンランドのラウマにあるSTXフィンランド(フィンランドにある造船会)の造船所で建造され、2012年に南アフリカ政府に引き渡されました。

ケープタウンを母港とします。

全長134メートル、10デッキ、45人の乗組員、100人の科学者のための停泊スペースを持つアガラスII号は、極地供給船と科学調査船というユニークな設計になっています。

この船の任務の一環として、毎年、南極大陸と亜南極マリオン島、ゴフ島にある南アフリカの研究拠点に燃料、食料、人員、その他必要不可欠な資源を供給しています。

また、8つの常設科学実験室(船尾にはさらに6つの専門実験室を輸送用コンテナに収容するスペース)を備えています。

この船のインフラは、様々な機器やサンプル収集装置(そして人も)を、「ムーンプール」と呼ばれる船体の開口部を介して、船側から、あるいは船中央から展開することを可能にしています。

南極海は、大西洋、インド洋、太平洋を結ぶ南緯40度以南の海域と定義されます。

西風は時速60kmを超え、10mを超えるうねりが発生することもあります。

また、南極大陸の北側には厚さ1メートル以上の海氷が1,000キロ以上にわたって広がっていることが多いです。

これらのことから、この海域は、研究を行う上で論理的に最も困難で費用のかかる海域であることは間違いありません。

しかし、このような研究は非常に重要です。

南極海は、地球の気候にとって最も重要な海域です。

南極付近を起源とする海水は、大量の熱と温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)などの溶存ガスを地球を回り、深海に運び、何百年も蓄えています。

南極の流氷に閉じ込められたエンデュランス号。©ウィキメディア・コモンズ

南極の流氷に閉じ込められたエンデュランス号。©ウィキメディア・コモンズ

また、地球上のすべての生命にとって重要な窒素やリンなどの栄養分は、南極海から熱帯・温帯の緯度帯に流れ込んでいます。

南極海は、地球上の海洋生産力の少なくとも3分の2を支えていると言われています。

南極海がなければ、私たちの住む地球はありません。

この海洋システムの継続的な調査とモニタリングは非常に重要です。

アガラスII号がエンデュアランス号の沈没地点に到達できたのは、ウェッデル海の夏期の氷が通常より薄かったことも一因です。

これは、人間による自然界の温暖化の影響であることはほぼ間違いありません。

大気や海洋の温暖化によって南極の氷が大幅に減少し、それに伴って南極海やその生態系が変化することは、地球の居住環境にとって非常に大きな脅威となります。

より大きな価値

世界でも、南アフリカでも、政府からの研究費は減少しており、それに比例して、民間資金による科学支援が増加しています

このモデルの重大なリスクは、ピアレビューに依存し、チェックアンドバランスに従う科学者のコミュニティではなく、一握りの有力者が世界の研究課題を設定するようになることです。

アガラスII号は、南アフリカの人々のものであるため、際立っています。

船長のKnowledge Bengu氏の指揮の下、エンデュアランス号の位置を特定することに成功したこの船は、南アフリカの研究のみならず、現在そして未来のグローバルな科学イニシアティブにとって、その価値を再認識させるものです。

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

The Conversation