歌うことの5つの意外な効果。フロー状態、運動、健康的な加齢など

2022年6月15日

歌うことの5つの意外な効果。フロー状態、運動、健康的な加齢など

歌うことの5つの意外な効果。フロー状態、運動、健康的な加齢など

著者情報:Melissa Forbes氏, サザンクイーンズランド大学 コンテンポラリー・シンギング上級講師

他の人と一緒に歌うと、素晴らしい気分になります。

集団で歌うことは社会的な絆を促進し、オキシトシン(「絆ホルモン」)を上昇させ、コルチゾール(「ストレスホルモン」)を減少させることが分かっています。

しかし、集団で歌うことだけが効果的なのではありません。

一人でいても、歌うことが体に良いことは意外とたくさんあるのです。

歌うことは、私たちがより幸せに、より健康的に、より充実した生活を送るために役立つ、自由で身近な活動なのです。

「自分は音痴だ」「歌えない」と嘆く前に、ほとんどの人は正確に音程を合わせて歌えるという研究結果もあります。



1. 歌うことは、あなたをゾーンに誘う

知っている曲を歌うと、フロー状態になることができます。

知っている曲を歌うと、フロー状態になることができます。

少し難しいけれど楽しいことをしているときに時間を忘れてしまったことがある人は、フロー状態を経験したことがあるのではないでしょうか。

この感覚を「ゾーンに入った」と表現する人もいます。

ポジティブ心理学によれば、フロー、すなわちタスクへの深い関与は、幸福の重要な要素の1つと考えられています。

歌は、熟練した歌手やグループでの歌唱において、フロー状態を誘発することが研究で示されています。

このフロー状態に入る方法のひとつが、即興演奏です。

よく知っている曲のワンフレーズを選んで、即興で歌ってみてください。メロディーやリズム、歌詞を少し変えてみるのもよいでしょう。

もし、そのことに後で気づいたら、それはフローに入った証拠です。

2. 歌うことで、自分の身体と向き合うことができる

歌い手は身体を使って音楽を奏でます。

楽器演奏者と違って、歌手には押すべきボタンも、押すべき鍵盤も、弾くべき弦もありません。

歌うことは、深く身体化された活動です。

頭でっかちになりそうなときは、お気に入りの曲を歌って、自分の身体と再びつながってみてください。

呼吸と、喉や胸に感じる身体的な感覚に意識を向けてください。

歌うことは、自分の身体の緊張に気づく良い方法でもあり、歌とマインドフルネスが交差することに関心が高まっています。

3. エクササイズとしての歌唱

歌うことは、呼吸器系、そして全身のエクササイズになるのです。

歌うことは、呼吸器系、そして全身のエクササイズになるのです。

歌は基本的に肉体作業であり、ほとんどの人がそれなりに上手に歌えることを忘れがちです。

私たちが歌うとき、喉頭、声道、その他の調音器(舌、唇、軟口蓋、硬口蓋、歯など)、呼吸器系を使って音楽を奏でているのです。

心肺機能を高めるためにジョギングをするように、歌唱力を高めるために声を鍛えることができるのです。

機能的ボイストレーニングは、歌手が自分の声を理解し、最適な身体機能に従って使用できるようにします。

慢性閉塞性肺疾患、パーキンソン病、喘息、癌など、さまざまな健康状態において、呼吸器系の健康増進のために歌唱が用いられることが多くなってきています。

歌うことは呼吸器系を鍛えることになるため、コロナに苦しむ人々を助けるためにさえ使われているのです。

4. 歌は心理的資源を構築する

集団で歌うことは、社会的孤立を解消し、新たな社会的つながりを生み出すのに役立ち、介護の負担に対処し、心の健康を増進させることができます。

研究によると、こうした心理的な利点は、集団で歌うことで新たな社会的アイデンティティが促進されるからだそうです。

共感できる仲間と一緒に歌えば、帰属意識、意味や目的、社会的支援、効力、主体性といった内的資源が構築されるのです。

5. 『スーパーエイジング』のための歌唱

歌のような新しいスキルを身につけることは、健康的な加齢を助ける素晴らしい方法です。

歌うことは、健康的な加齢を助ける素晴らしい方法です。

「スーパーエイジャー」とは、記憶力や注意力などの認知能力が若々しく保たれている定年前後の人たちのことです。

著名な心理学者で神経科学者のリサ・フェルドマン・バレット氏と彼女の研究室が行った研究によると、スーパーエイジャーになるための最も有名な方法は、何かに一生懸命になることだと言われています。

歌は、さまざまな身体的要素の複雑な調整を必要とします。

歌の芸術的側面には、歌詞やメロディーの記憶と解釈、音楽の基礎となるハーモニーの理解と聞き取り、リズムの感知など、多くのことが含まれます。

こうした歌の特性は、スーパーエイジングのための活動として理想的なものです。

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

The Conversation