海洋とそこに生息する最大の生物は、二酸化炭素を貯蔵する鍵になるかもしれない

2022年6月15日

クジラは海の栄養分を循環させ、炭素貯蔵量の向上に貢献する。

クジラは海の栄養分を循環させ、炭素貯蔵量の向上に貢献する。

著者情報:David King氏, ケンブリッジ大学気候対策研究所創設者、ケンブリッジ大学気候危機諮問グループ(CCAG)議長、 Jane Lichtenstein氏, ケンブリッジ大学気候危機アドバイザリーグループ(CCAG)アソシエイトリサーチャー

世界各国の政府は、地球の気温上昇を1.5℃に抑えるよう努力することに合意していますが、その行動からは、この課題に真剣に取り組んでいることがほとんど見られず、排出量は年々増加し続けています。

2022年4月4日に発表されたIPCCによる最新の気候分析レポートでは、このパターンが続くと警告しています。

もし、排出量を大幅に削減し、大気中から過剰なCO₂を除去しなければ、2100年までに世界で3.2℃以上上昇すると予測されています。

IPCCの気候変動に関する目標に沿ったアプローチでありながら、比較的見過ごされているのが、今こそ海洋に助けを求める時であるということなのです。

ケンブリッジ大学気候変動対策研究所の現在の研究では、世界最大の潜在的な炭素吸収源である海洋をどのように活性化できるかに取り組んでいます。

海洋は地球表面の70%以上を占めており、すでに数百万年にわたって大気から二酸化炭素を除去するために働いてきました。

産業革命以前の水準からわずか1.3℃しか上昇していない現在、世界はその対処に苦慮しています。

前例のない干ばつ、山火事、洪水、嵐、熱波が地球を襲っています。

世界最大級の保険会社SwissRe(スイス・リー)は、2020年の自然災害の被害額は1,900億米ドル(1,460億ポンド)に上ると試算しています。

気温が上昇するごとに、予測不可能な状況がもたらされます。

2050年には、ジャカルタやコルカタなどの沿岸都市が、海面上昇による洪水や高潮のために住めなくなる可能性があります。

IPCC報告書は、排出量を減らすためには化石燃料の使用を減らすことが重要であることを明確にしています。

風力、太陽光、潮力に加えて、埋立地のメタンを建物の暖房に利用したり(スウェーデンですでに成功)、クリーンな大量輸送システムを構築して舗道や公共スペースを解放したり(ボゴタで実証)することで、この転換を支援する技術革新があります。

富裕国は、こうした変革に取り組むと同時に、化石燃料への依存を脱却するための貧困国の計画に資金を提供しなければなりません。

しかし、これは明らかに必要な行動計画であるにもかかわらず、政治と政策の反応はまだ鈍く、各国政府は必要な規模と緊急性のある解決策に努力を合わせることができないでいます。



炭素を捕捉する

CO₂排出量を削減するために同様に重要なことは、大気中の炭素を元の場所に戻すことです。

炭素回収・貯留技術は、製鉄所などの重工業のようにCO₂の排出が避けられない分野では重要な手段です。

しかし、コストとエネルギー使用量が高いため、不完全なソリューションとなっています。

スリランカのような洪水や大雨は、地球温暖化が原因です。Mohri United Nations University/Flickr, CC BY-SA

スリランカのような洪水や大雨は、地球温暖化が原因です。Mohri United Nations University/Flickr, CC BY-SA

自然を利用して大規模に炭素を貯蔵することがより有望です。

IPCCの報告書では、農業界が今後10年間でより多くの炭素を土壌に貯留できるよう、劇的な変化を遂げることが期待されています。

しかし、その方法は世界中で試行され成功しているものの、政策が追いついておらず、現在の農法の既得権益も惰性を生んでいます。

大規模な植林も、泥炭地の保護、マングローブの再植林、再野生化などと同様に、炭素吸収量を増加させる余地があります。

しかし、土地の利用だけでは、大気中の温室効果ガス濃度を十分に削減することはできません。

そこで登場するのが海です。

海に炭素をためる

人間の活動によって砂漠化した深海の多くは、かつて水生生態系が繁栄していた場所です。

クジラは、摂食と排泄の行動を通じて、深海の栄養分を海面まで循環させる「生物学的ポンプ」として機能し、そのシステムを再構築するために重要な役割を果たしていることを、私たちは現在、研究しています。

さらに、ケンブリッジ大学気候変動対策研究所の実験では、海洋バイオマスを再生して、より多くの炭素を貯蔵する方法の可能性を探っています。

海洋バイオマスとは、植物、魚、哺乳類の群集のことで、表層付近で繁栄しながら、殻や骨、分解された植物を永久に深海に送り、大量の炭素を海底に閉じ込めるものです。

その数を増やすことで、生物多様性を強化し、魚種資源を補強し、世界中の疎外されたコミュニティーに収入の機会を提供するだけでなく、大気から数百億トンのCO₂を回収することができます。

傷ついた海の生態系を再生させるために、クジラは重要な役割を担っている。Christopher Michel/Wikimedia

傷ついた海の生態系を再生させるために、クジラは重要な役割を担っている。Christopher Michel/Wikimedia

気候危機に取り組む第三の側面は、すでに「ティッピング・ポイント(閾値)」を超えた気候システムの一部を修正することであり、北極の再氷結から始めます。

北極の急速な融解は、テキサス州の雪や中国の洪水など、近年の異常気象の多くをすでに引き起こしており、極域のジェット気流に歪みを与えているためです。

例えば、北極の氷から太陽光を反射させるために人工的に雲を増やすなどして、このプロセスを逆転させれば、ジェット気流を正常に戻すことができ、大気中の温室効果ガスレベルの削減に取り組む時間をより多く確保することができるでしょう。

化石燃料からの転換による排出量削減の課題は、技術的なものではなく、政治的なものです。

よりきれいな空気、よりよい健康、代替エネルギー分野における何百万人もの新しい仕事など、ほとんど即座に得られる利益は、短期的な不安を凌駕するはずです。

一方、人類にとって扱いやすい未来を作るためには、最大の天然資源を利用して、すでに大気中に放出されている過剰な炭素を除去することも必要です。

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

The Conversation